会社設立では印鑑が必要

自分で会社を作る場合、その会社の設立費用を用意したり、会社の事務所に指定する住所を選んだりと、いろいろな準備がありますよね。
そのような会社設立関係の準備の1つになるのが、印鑑です。
会社の定款作りなどに比べると些細な準備になりますし、会社を自分で作るまでは特に必要ない準備ですから、その他の準備に比べると忘れやすいポイントです。
よく確認し、忘れずに用意しておくとスムーズです。

まずここでいう印鑑とは、個人のものだけではありません。
もちろん会社を作る個人の印鑑も必要なのですが、それはもう持っている方も多いですよね。
実印として使える個人の印鑑については、それを市役所で登録しておくことを忘れなければ、準備は終わりです。

そちらよりも準備が必要なのは、法人用の印鑑です。
これまで会社で働いたことがある方は、その会社用の印鑑を見たことがある方も多いでしょう。
法人として立ち上げ、活動を始める場合、その法人としての印鑑が必要になります。
ビジネスをする際、押印する機会は多いですからね。
会社としてビジネスを行い、なにか取引の契約をするときなど、その会社の印鑑がまず必要です。
これなしで営業活動をするのは、非常に難しいのが実情ですね。

これから会社設立する際、この法人用の印鑑はどうするのかといったら、自分で新しく用意するのです。
これから作る会社の印鑑をもう持っているということは、普通はありませんよね。
つまり会社設立時の準備物の1つに、これら法人用の印鑑も含まれるのです。

これを用意しなかったら、どうなるのでしょうか?
設立が終わり、営業を開始した後に困るということではなく、そもそも会社設立の手続きが進みません。
この手続きのとき、すでに法人用の印鑑が必要になりますから、手続きが終わった後で印鑑を用意するといったことは、基本的にできないのです。
そのため、これから会社の設立を考えている方は、基本的に印鑑を用意しないといけません。
なお、これには会社の種類は関係ありません。
株式会社を作る方、合同会社を作る方と、計画はそれぞれあると思いますが、どちらでも印鑑が必要なことに違いはないのです。
会社作りには必須の準備物になりますから、忘れずに用意してください。

用意は、それほど難しくはありません。
法人用の印鑑を扱っているショップで探すと、簡単に購入できます。
購入し、手元に印鑑が来たら、準備完了です。
注文はしていても、手元にこないと会社設立の手続きが進められませんから、ここは注意が必要ですね。

まだ正式には設立されていない会社の印鑑を作るのは変な感じがするかもしれませんが、印鑑作りに関しては、ここは気にしなくてOKです。
法人用の銀行口座など、会社の設立が終わるまでは作れないのですが、印鑑はそのようなことはありません。
むしろ印鑑がないと設立ができないため、注文時にその会社が存在することの証明などは特に求められませんから、印鑑を作れる段階になったら、早めに注文しておくと、手続きを進めたいときにすぐ取りかかれますよ。

法人用の印鑑とは、具体的にどんなものなのでしょうか?
これは個人で使う普通の印鑑と大きくは違わず、印面にその印鑑の持ち主の名称が書かれています。
個人の印鑑なら名字が書いてあるところですが、法人の場合はその社名が書いてあるのですね。
株式会社・合同会社といった会社の種類も、一緒に彫られるのが基本です。

そして個人用の印鑑と大きく違うのは、重要な印鑑には、その印鑑の種類の名前も一緒に彫られることです。
たとえば一番重要な代表者印など、「代表取締役印」といった文言が一緒に彫られます。
社名のほかにこのような文言まで掘ると印面にたくさんの文字が並ぶことになりますが、これはスペースを分け、両方の文言が上手に並べられます。
その印鑑の中央に「代表取締役印」といった文字を彫り、その周囲をぐるっと取り囲むように社名が刻印されるのが基本です。

会社設立前に用意したい法人用の印鑑とは、個人ではあまり使う機会のない、このような特殊な印鑑ですから、まだ持っていない方は設立の前に用意してください。
実際に印鑑のショップで探してみると、たくさんの法人用印鑑が売られているのがわかります。
デザインや素材に違いはありますが、これらは何か違いがあるのでしょうか?

これについて、大事なのは印面です。
そちらに必要な文言がきちんと入っており、設立に必要な実印として使えるものなら、どれでもOKです。
印鑑の素材の種類もたくさんありますが、特定の素材でないと会社設立に使えないといったことはありません。
印面に社名や特定の文言が入っており、法人用の実印として使えるものならOKです。

また、その印鑑の形も、好きなものを選べます。
個人用印鑑でもよく使われる寸胴型の印鑑のほか、印面部分と胴体部分で厚みが変わっており、ちょうど押印するときに持ちやすい形になっているものもあります。
どちらの形を選んでも、印面さえ合っていれば問題はありません。
会社設立の前には、これら法人用の印鑑を必ず用意してください。