会社設立で必要な印鑑の登録とは

これから会社を作るにあたって、印鑑は登録をしないといけません。
そのために会社設立の前に印鑑を用意しないといけないのです。
ここで登録した印鑑が、以降はその会社の正式な印鑑として認められます。

印鑑を登録するこの手続きは、実は個人でもできる印鑑の登録と、意味合いは大きく変わりません。
市役所等に行くと、自分の印鑑を登録できますよね。
これを登録しておくと印鑑証明が発行されるため、それが確かに自分が押した印鑑だと証明できますし、その印鑑の持ち主情報も一緒に証明できます。

これの法人版になるのが、会社設立のときに必要な印鑑の登録です。
これが必要になるのは登記のときで、会社の代表者印を登録するのが一般的です。
なお、個人でやる印鑑登録は任意で、印鑑証明書が必要にならない限り、していなくても支障はありません。
これに対して、法人の場合は印鑑の登録が必須です。
そもそもそれが会社設立の手続きの1つに組み込まれているため、これをやらないと会社を作れないのです。
印鑑の登録だけを後でまたやるといったことは基本的にできませんから、一緒に登録するものとして、そのための印鑑を用意しておくのが基本となります。

なお、ここで登録した印鑑については、個人と同じように印鑑証明書の発行を受けられるようになります。
これのメリットは、個人のものと大きくは変わりません。
その印鑑が、確かにその法人の実印だと証明する必要があるときに活用されます。
重要な取引をするときなど、法人でも個人と同じようにこの印鑑証明書の添付を求められることはありますから、そのようなときに活用されるのですね。

会社設立で必要な印鑑の登録とはこのようなもので、そしてこれをやるためには登録する印鑑をすでに用意していないといけません。
印鑑はどんなものでもいいわけではなく、代表者印として基本的な印面の形式などあります。
できれば一般的な印鑑を用意できた方が、印鑑の登録もスムーズですし、登録した印鑑を使った取引もスムーズです。