会社設立に伴い用意する印鑑の形態は?

会社設立

ビジネスの世界は契約を前提として成立しているので、会社設立や社会人として仕事をするようになると、印鑑に法的にもビジネス的にも重要な意味があると実感するものです。
特に日本は印鑑が重要視されるので、会社設立をするにあたって必要となる印鑑の種類や形態、それぞれの法的な効力などについて知っておくと参考になります。

実は会社設立登記の際に管轄法務局に会社の実印となる代表者印の届出義務があって、そのため印鑑は最低ひとつは必要になるのです。
また、そのひとつの印鑑があれば会社設立後の運用もできるので、代表者印さえ用意すれば法的には何の問題もありません。
ただし、ひとつの印鑑しかないとリスクが集中してしまうので、実用上は代表印や銀行印など形態の異なる印鑑を4種類用意すると無難です。

印鑑を押す機会が多くなると悪用されてしまうリスクも増えるもので、そうしたリスクを分散するため一般的には4種類の印鑑を用意する会社が多くみられます。
代表者印は先にも触れましたが法務局に届け出して登録をする印鑑で、会社の実印となるとても重要な印鑑です。
形態に規則はないのですが、一辺の長さが10mm~30mmの正方形に納まる大きさと決まっていて、通常の形態としては直径18mmの丸印が用いられます。
銀行印は銀行の法人口座の開設や、手形・小切手の振り出しに使用するもので、経理担当者に持たせることが多いので、代表印とは別に用意しておくと良いです。

また代表印と区別するために少し小さめの形態にすることが一般的になります。
社印は見積書・請求書・領収書などの書類の押印する時に使用されるもので、角印とも呼ばれるように四角い形態の印鑑です。
ゴム印は、各種契約書の署名欄や自筆でサインする代わりに使用する印鑑で、通常は本店所在地・電話とFAX番号・会社名・代表者名が彫られています。
それぞれがセパレート式になっているタイプというのもあって、少々値段は高くなりますが便利に使用することができるのでおすすめです。

会社設立に伴い用意する印鑑は、ある程度形態が決まっていますが印鑑の書体や材質に拘ることは可能となります。
会社印に利用される書体としては、篆書体・印相体・隷書体・古印体などがあって、篆書体が最も多く使用されていて次いで印相体が多く用いられる書体です。
一方材質は様々ありますが本柘と黒水牛が最も人気ですが、自分の好みや拘りで書体・材質を選択するのも良いでしょう。