会社設立で必要な印鑑証明とは

自分で会社を作るためには法人用の印鑑を用意する必要がありますが、準備が必要なのはそれだけではありません。
会社設立する方、つまりは発起人個人の印鑑も必要になります。
それも印鑑を1つ買ってくればそれで済むのではありません。
印鑑証明も必要になることはよく確認しておくといいです。

印鑑証明とは、その印鑑の詳細を証明する公的書類です。
載っているのは登録されている印鑑の印影と、その持ち主の情報になります。
どこに住んでいる、何という人が、どんな印鑑を持っているのか、それがわかるのが印鑑証明です。

なぜこのような書類があるのでしょうか?
それは、印鑑だけでは本人の証明としては不十分だからです。
印鑑は普通に売っていますから、特定の印鑑を買ってくれば、誰かが成りすますことも不可能ではありません。
そのため、特に重要な意思決定の場面では、押印とともに印鑑証明の提出が必要になったりします。
この証明を添付することで、その書類に押印した印鑑が確かに本人のものだと証明するわけです。
また、その印鑑を押した方の住所氏名なども載っているため、こちらでも本人確認ができます。

印鑑証明とはこのようなものなのですが、会社設立のとき、発起人個人の印鑑証明は基本的に必要になります。
株式会社を作るときは公証役場と法務局でそれぞれ手続きが必要ですが、この両方で印鑑証明が必須の添付書類になっているのです。
そのため、会社を作りたい方は、法人用の印鑑とあわせて、本人の実印も用意しておかないといけません。
そして印鑑証明は市役所で登録したあと、発行してもらえるものです。
印鑑を購入後、すぐにもらえるものではありませんから、会社設立の前にできればあらかじめ用意できているのが望ましいですね。

まだ実印を持っていない方は、早めに印鑑を用意しておきましょう。
そしてそれを役場に申請し、印鑑証明を出せる状態にしておくことが大事です。
また、過去に印鑑を登録した方も、一緒に登録されている住所が変わっている方は、修正しておくことが大事です。